メイドインアビス 5話 「火葬砲」 感想!

身体が思えている

あっさり危険地帯

 リコとレグの2人きりの旅路ではあるのだけれども、なんだかそれにしては寂しい旅路に思えないのはどうしてだろうか?2人の心の距離が近いからなのか?常に危険な生物たちと隣話わせで旅をしているからなのか?その答えは現状部分だけではひも解くことは出来そなさそうではあるけれど

 レグが割合強すぎる件。レグの力があればこそまだ赤笛であるリコを最下層まで連れていくことが出来るってことなのだろうか?と言うと完全に誰かに遣わされたと考えるのが自然ではあよなぁ。記憶を失っていなければその辺りのこといろいろと分かっただろうとは思うだけに惜しいところではある。

 レグが強いけれどももリコもレグも危険な目にあってしまうし…アビスの火葬に行けばいくほどにこういった事態は日常茶飯事になってくるんだろうなぁ。ある意味見ている方が心が持たない。

 次回 「監視基地(シーカーキャンプ)」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示