映画 忍びの国 感想!

人心あらず忍びの心

最初で最後の忍VS侍

 ということで「忍びの国」見に行ってきました。第一次天正伊賀の乱を舞台にした作品であり原作者自らがこの映画版の脚本も手がけている作品となっている。主役は伊賀一の忍び無門ということもあって伊賀側メインのシナリオが展開される作品となっている。でも織田側の物語もバランスよく展開されているのでどちらかといえば忍びという存在しかもその人でなしの心を取り扱った作品であるといえるように感じるところだ。

 だからか合戦よりも合戦に至る道よりも、重要なのは無文が人間の心を知るまでになる展開とその後の物語の顛末であってそれこそ合戦や殺陣そのものは強く押し出されている作品ではないのかなと思うところだ。でも忍者の戦いらしく、岩になり土となり木になり戦う姿はよく作られていると感じられた。実際の忍者と侍の戦いがこのような展開をそのまま映し出したのかというのはその当時を見たものしか分からないわけではあるが。

 人を殺そうが君主を変えようが、金さえもらえれば何者にもなる人でなしの集団忍び。後半になればなるほどにその要素が強くなっていく作品ではあったと思う。だからこそ織田家側のいざこざとその顛末、無門が触れた忍び達の心はそれこそ大きく対をなすものとなっており、人としてお互いに変わっていった織田家と、忍びすら突き放す心を持つ集団との温度差は激しいものとなっていたように思う。

 第二次天正伊賀の乱終結の折に大膳が言った言葉である「忍び達はこの戦を生き延び天下に下り何代も人と交わっていくことによって何時しか忍びの心を持つ人でなしの集団が展開にはびこることとなる」という言葉はこの作品が一番強く押し出したかったことのように思えたところだ。 この言葉を人でなしの集団が世間一般にはびこっていることを訴え、そして読んだもの見たものに対してそれをどのように思うのかという問いかけをしている作品であると感じられたところではある。

平兵衛と無門の川の対決。殺陣のシーンはこれが一番力が入れられていたように感じられるところ。ほぼほぼノーカットというかしっかり時間を使って展開されていた分、平兵衛と無門のやり取り、その後に平兵衛が巻き込まれることになる忍びとの決別がより生かされる形になったと感じるところではある。 忍びに国に生まれながらも人として死ねることが出来た平兵衛とその心を理解しなかった無門がその後に人の心を理解すること、忍びの心の本当のひどさを知ることになるというのはこの作品の最大のポイントであろうと思う。

 しかしながらそれまでの侍との戦いにおける無門の戦闘がギャグっぽく演出されているのは少々いただけないところではある。軽くあしらっていると表現したかったのかもわからないけれども下忍たちの戦いも笑い的な要素を取り入れてしまっていてそれこそもっとシリアスにやってもよかったように感じられるところではある。

 織田と伊賀のそれぞれの描写は対比でもあるがもっとうまくやれたようにも感じられるところではあるんだよなぁ。演出なりでより補強するところが補強できていないような感じもするところではあったように思う。

 言いたいことだけどんと中心に入れられただけの部分も感じてしまってもっとうまくやれたようなオーラのする作品ではあったと思う。要所要所磨けば光るのと光るまで待っていたかのようなそんな印象を持つ作品ではあった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示