ようこそ実力至上主義の教室へ 4話 「他人が真実を隠蔽することに対して、我々は怒るべきでない。なぜなら、我々も自身から真実を隠蔽するのであるから。」 感想!

ペルソナを持つ者たち

帆波のポイントやべぇ。

 個人的には1話あたりで黒い一面を見せていた桔梗よりも帆波のほうがそこはかとない怖さを感じる。今のところ完全にパーフェクトの仮面かぶっているけれども妙に怖い。清廉潔白なところを押し出されているからか怖い。この怖さの正体が本物であるのか偽物であるのかはまだわからないけれど。

 今まで隠されてきた帆波のポイントも一人だけ尋常じゃないくらいに稼ぎ出しているしどうやってここまで上り詰めているんだよ。Dクラスはついに1ptが登場しているというのに。なんだかんだで行って皆ペルソナ餅ばかりだからこそよりこの人の怖さというものが一番に押し出された作品であると感じるところではある。

 桔梗なんかも裏面知られたのに今までのペルソナかぶりつつけているしなどんな強固な精神持ち合わせているのかと思えてしまうわけではあるし、だからこそ愛里がどういったペルソナ持ちということになるのか。そういった意味では3羽ガラスは裏表なくて少し安心する。

 次回 「地獄、それは他人である。」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示