ボールルームへようこそ 4話 「ダンサーズ・ハイ」 感想!

歓喜の笑顔

最高の瞬間に

 替え玉の処罰結構重い。だけれども注目されていなくてもやっぱり今回の替え玉ばれるんだろうか?どこまで行けるのかというのは逆に気になってくるけれども大会ともなれば審査員も熟練の目があるからどのような状態でもあっさりばれてしまいそうだな。複数人の目が常に光っている訳ではあるし。

 清春が魅せた渾身の瞬間。多々良の笑顔に触発されて怪我を押してでも見せたその瞬間清春に足りなかったものを多々良が魅せたことによって掴み始めた瞬間でもあるのだろうと思う。ある種多々良は意識してないけれども清春にとってライバルが生まれた瞬間でもあったのかもしれない。

 6か月という謹慎期間に多々良にとって都合のよう練習ばかりやってきてあの大舞台に並べるのかというところではあるけれども多々良がどこまで成長するのかこの6か月はポイントではあるよな。

 次回 「パートナー」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示