ようこそ実力至上主義の教室へ 3話 「人間は取引をする唯一の動物である。骨を交換する犬はいない」 感想!

人間は常に2つの心を持つ存在である

天使かつ悪魔

 中間テスト真実篇。提示されたものをどれだけ受け入れてどれだけ自分の中で昇華し確かめそれを実行していくのか?まさに実力が物いう世界。提示されてきたものをどれだけうまく使えるかがこれから先の勝負にも繋がっていくことになるだろうし、いつは一発逆転のチャンスはもうどこかに転がっているのかもしれない。

 過去問買収、点数買収、ポイントは神をも超える存在。だからこそ使い方を誤ると恐ろしいことになってくるわけではあるが…これから先今回のようにポイントでどうにかこうにかするということがまた出てくるだろうからDクラスの配分だと首を絞めるのも早くなってしまいそうではあるのだが…。

 桔梗の本性。綺麗な薔薇には棘があるというレベルではなかった。これからな方がまだまだ楽であったと思うしどんなに理不尽な状況でも許せる確率が高いという。悪魔の存在を知ったからには悪魔とどのように対峙していくのかというのもあるけれども…。

 次回 「他人が真実を隠蔽することに対して、我々は怒るべきではない。なぜなら、我々も自身から真実を隠蔽するのであるから。」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示