活撃 刀剣乱舞 4話 「守りたかったもの」 感想!

天下の火蓋

江戸無血開城

 なんだか幕末時代が多いなぁ。花丸もメイン処は池田屋襲撃事件だったりしているし時間遡行軍にとって江戸時代幕末は現代日本を作る分岐点だからここをいじれば歴史が変わると思っているからでもあるのだろうか?まあ作品的に考えれば分かりやすいところをやっているのだろうけれども。

 国永登場によって公式サイトのメインキャラクターはこれで揃ったことになるかな?OPからするとサブとしてもう少し刀剣男子登場するっぽいけれどもちゃんとパーティに加わってくれるのかは微妙なところではあるので何とも。寄り話を転がしていくのであればより多くの刀剣男子が登場してもおかしくはないけれど。

 兼定メインと考えると最終的には五稜郭に行きつくことになりそうだなぁ。そこで土方関連の話を絡めつつ時間遡行軍と幕末編のラストバトルを飾ることにはなりそう。

 次回 「戦火」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示