実写映画 銀魂 感想!

背負いすぎてしまった悲しみに

銀魂禁断の実写化

 ということで実写映画「銀魂」見に行ってきました。この作品が実写化するなんてそれこそアニメスタッフがお遊びでマネキン実写をやった時ですら考えられなかっただろうけれども、それが本当の現実のものとなってしまうだなんてあるいみ一番恐ろしいのはアニメでも漫画でもなく実写世界なのかもしれない。

 福田組の作品としては過去例のないくらい予算が付いたらしいこの作品は確かに変態仮面とかヨシヒコのようになんとかさまざまなものを捻出して実写化しましたというのが感じられない作品になっていたように思う。いつも通りの予算だったら確実に紅桜編ではなかっただろうなと思う。

 豪華俳優陣にキャラクターのヴィジュアル再現とかがその予算が付いたことの表れでもあると思う。だからこそ定春や天人、背景に関してはもう少し頑張ってほしかったなぁと感じるところではある。チープに感じるところどうにもこうにもアクションだった李日常シーンから浮いてしまったのは少々痛い。この辺りはヴィジュアル同様ぐらいだったら全体的に感じてしまうチープ様打ち消すことが出来ていたかなと感じるところ。

 ストーリー展開はカブト狩り編と紅桜編をベースにしてギャグはアレンジが加えられた作品ではあるところ。過去の福田組作品を知っているとアドリブでやっているところはより分かりやすくなるかも。 アドリブの応酬によって耐え切れなくなって後をさにげなく向くまた子の姿がちらりと。
 福田作品に参加している回数が多い人ほどいつも通りというかいつも通りに暴れていたように感じられるところではあるかなぁ。回数を繰り広げていけばそれぞれの収集突かないところが出てカオスな銀魂にすることは出来たんじゃないかなと思う。

 ストーリーでカブトと紅桜編が選ばれたのはギャグとシリアスの2つの銀魂をやるためではあると思う。この2つを違和感なく混ぜるというのも難しいところではあるけれども、ギャグとシリアス両方を取るのであればそれこそ原作者発案だった利でオリジナルストーリーをやった方がよかったんじゃないかなと思えるところもあるかな。 人気キャラクターを万遍なく出すためにはこの2つのエピソードをやるというのが一番よかったのだろうとも感じる。

 ジャンプ作品のパロディは兎も角としてナウ○カやシャアザクをモザイクなしで出せたのは実写版の功績だと思う。アニメだとあえて連邦軍もモザイクだったからモザイクなしで1/1スケールザクやれたのは大きいだろうなぁ。ナウシカは確実に危ない線超えようとしているところではあったナウシカの前に何らかのパロディ乗り物があってそれはカットされてしまったようにも見えたけれどもどうなんだろう? 

 殺陣はもっと激しくてもよかったけれども紅桜のことを考えるとこれが限界的な所でもあるかもしれない。ゴリラ局長のギリモザを考えると福田組と銀魂の相性ってよかったんだと思えるこんなことが出来るのはこの作品しかないというところもあるだろうし自由にやることのできる作品ではあったと思う。

 全体的なところを考えるともっと突き抜けてもいいところはあったかなと。ヴィジュアルメインなところが先行してしまったところってのは少なからずあると感じるところではあるのだ。だからこそそれを突き抜けていってほしかったかなと感じる作品でがあったと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示