Fate/Apocrypha 3話 「歩き出す運命」 感想!

天秤に乗せる錘

最初の撃鉄の音

 セイバーとランサーが最初に火花を散らすというのはもうなんというか決まり事というかFetaの要素としての決まり事見たくなってもおかしくない感じはするところ。本格的な戦いがスタートしたことによってというかどちらにせよそれぞれの大軍が合いまみえるという訳ではないけれどもここからが本番でもある。

 それぞれの過去描写を道のように入れていくかもしれこそ重要な作品の決め手になってくるか。真名を明かすことによって自然と過去が割れる人たちばかりではないわけではあるので過去描写を入れ込むかどうかによってそれぞれのサーヴァントに対する心象も大きく変わることになってきそうだ。

 バーサーカーと黒の陣営の戦いはどうなるのか?ある種黒のバーサーカーってバーサーカーらしいことをしているよなぁ。ある程度制御された人バカリが映像化されていたから逆に新鮮ではある。

 next #4
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示