ようこそ実力至上主義の教室へ 1話 「悪とは何か――弱さから生ずるすべてのものだ。」 感想!

自由からの制約

ひまわりさんのアニメ化クルー?

 衣笠彰梧×トモセシュンサクコンビによる作品ならば「暁の護衛」とかアニメ化してほしかったなぁ。あかべぇも本作には企画から関わっているしそれならばそちらの方もやってほしあったと思う。しかしながらこの作品をきっかけとして暁の護衛だったりその他G線や車輪・白蝶記のアニメが来るかもしれないから……。

 全てが実力で決まる学校。総ては監視されすべては結果として自分自身に直結する。取材にいっているのが小学校というのも地味に恐ろしい。成り上がり物語ではあるけれどもそれこそこのクラスで団結するというのが最大の罠であるとも現段階から言っている作品ではあるよなぁ。ある種団結できないクラス。

 割と淡々としているからこそしばらくは解説に費やすことになるのだろうか?そこでため込んだものを爆発させるのかというのも大きなポイントになってきそうではあるのだけれども。

 次回 「才能を隠すのにも卓越した才能がいる」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示