サクラクエスト 18話 「ミネルヴァの杯」 感想!

紡がれる絆の根

教授からの挑戦状

 今回はまさに間野山の次なる未来への一歩を紡ぎだすための回だったように思う。教授編は2話構成ではあったが2話だけでも大きな試練とそして希望あるものを見せた回でもあったかなと感じるところではあるかな。教授の試練をクリアしたからこそクエストも完了することができたわけではあると思うし。

 デマンドバスによって間野山がよい方向性へと活気づいていくことができるかどうかはわからないけれどもある種教授がした最後の間野山孝行ではあったのではないのだろうか?間野山をこれからも残すために自ら悪役になるというわけではないが自分たち世代と若い世代に両方に新たな息吹を与えた教授の作戦勝ちの回でもあったと感じるところだ。

 教授は自分が蒔いた種が大きくなることを見ることなくいってしまったわけではあるがIT大臣がその分より良いものを国王たちもより良いものを作り出してくれると信じているだろうと思う。教授が想像もしなかったくらいに大きなものが育つかもしれないわけではあるし。

 次回 「霧のフォークロア」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示