映画 22年目の告白-私が殺人犯です- 感想!

これはショーである。

現実でも起こりえてしまった話。

 ということで「22年目の告白-私が殺人犯です-」見に行ってきました。この作品実は韓国の映画「殺人の告白」をリメイクした作品であるそうな。全く持ってその宣伝してなかったから知らなかったよ。でも原案となるくらいには大幅にリメイクした作品ではあるのでほとんど別物と言っても過言ではないのかもしれない。

 殺人者がその行為の告白本を出す。日本でも現実に起こったことではあるしその辺りの法はまだ未整備状態となっているからある種警告でもあるんだよなぁと。リメイク的なことを考えるのであれば原作の物語と日本で起きたことをミックスさせて作られているんだなと感じるところではあるけれども。

 派手なアクションシーンも緻密に練られてそれを総べてひっくり返すわけではないのだけれども、うまくどんでん返しの展開は出来ていたように感じられるところではある。この作品のどんでん返しというか本当に吊り上げなければならないものに関して言えば少しヒントを提示しすぎていた部分もあるかなと。最後の最後まで簸た隠しにしてもよかったとは思う。それこそたった一言だけさにげなくヒントを入れておくぐらいで。

 日本中を巻き込んだという割にはそこまで日本中を巻き込んだ殺人告白ではなかったように感じられるところではあるかな。それこそ終盤はTV番組で完結してしまっているところはあるので、それだけではないところがあれば日本中を巻き込んだといえるとは思う。

 実際の事件映像を使っての冒頭映像はそれこそこの「事件」をよりリアルにするための演出であると思うけれどもそれが上手く活かされていたというかちゃんとした事件記憶を映し出すものになっていたかなと。 時系列の演出があいまいになるシーンがあるのはブラフ演出でもあるんだろうな、時系列を錯覚させることによって本質を見えにくくして驚いても貰おうという演出がよく使われていたように感じられるところ。

 犯人が仕掛ける新たなゲームではなくて被害者側が仕掛ける新たなゲームという視点の変化はよくできていたと思う。犯人を世の中にいぶりだす為にあえて汚名を被りプロファイリング犯人像を使いつつ犯人を釣り上げていく。悪の為に悪に落ちていくというのはありかなしかというところになってくるけれどもその微妙な問題を描き出すことは出来ていたと思うところだ。

 難しい問題を取り扱った作品ではあると思うけれども上手く映像化することは出来ていたと思うところだ。 残虐性もエンターテイメント感も持ち合わせた作品ではあったと感じるところではあったと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示