賭ケグルイ 2話 「つまんない女」 感想!

曝け出す心

掛けは狂うことに価値があり

 ある種欲望のたまり場たるからこそ出せないものも出すことが出来る。それが凝縮された世界こそこの世界なんだと実感することではある。その欲望が大きくなればなるほどにこれから先誰しもがそれを制御することが出来なくなってくるんだろうなそれこそ夢子自身もいつかは欲望に溺れる。

 主目的は現状生徒会と戦うことではあるとは思うけれども由愛子がどうしてこの学校へと転校してきたのかとか夢個人に謎めいたことが大きすぎて実はこの作品ごと夢子の掌で踊っていると言っても過言ではないように感じられるところではある。夢子が踊らしている意味合いはこれから先出てくるのだろうか?

 額が倍々ゲームになっていっているからある種感覚が普通ではいられなくなる感じがしてきてならないところではある。今の所王道ゲーム路線ではあるけれども、いつその箍もなくなるのだろう?

 次回 「糸目の女」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示