劇場版 ポケットモンスター キミにきめた! 感想!

20年ぶりのことば

劇場版ポケットモンスター20周年記念作品

 ということで「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」見に行ってきました。 アニポケTVシリーズの無印(初代のカントー地方編を原案)をリメイクした作品となっておりポケモン映画20周年記念として0からのリスタートを切るかのようなスタートラインに立っている作品である。 原作ゲームに出来るだけ忠実にアニメ化したオリジンがあったこともあってそちらの方に寄せたような印象も少なからず感じる。

 ピカチュウとサトシの出会いから本当のパートナーになるまでの物語でありTVアニメシリーズ始まって1話で登場してからずっとその存在を隠ぺいされてきた感のあるホウオウとの物語を加えてリメイクされた今回の劇場版。ホウオウはなぜか今までアニメの中でその存在が強く語られたことはないわけでこの記念作品でようやく登場と相成りました。 とはいってもあの時にサトシの前に現れたのはホウオウっぽいだけで現実的には正体不明の?ポケモンだから本当にあのポケモンがホウオウかというのは疑わしい部分も少なからずあるわけだが。

 タケシとカスミという無印時代の旅の仲間が登場せずに新たな仲間を迎えてのリメイクであるため現実的に言えば今回の作品はパラレルワールド扱いになっている。 タケシとカスミはラストに旅の仲間総登場時に登場するけれども。しかしながら圧倒的に女子比率高いわけでそりゃあサトシのハーレムとか言われるわなと。

 ホウホウがようやく20年の時を声て復活したのだから、そろそろ某事件で謹慎処分受け続けているポリゴンもアニメとして復活させてあげてほしい。

 サトシの序盤だからか手持ちポケモンは少ない。でもバタフリーやヒトカゲといった人気の高いと思うエピソードの持ち主は切られることなくパートナーに。バタフリーはやっぱりサトシの手元から離れることになるけれどもリザードンになって手の付けれなかったヒトカゲが今回はリザードンになっても言うことをしっかり聞いて戦うってのは驚いた。でもあんなになついていたヒトカゲ・リザードという思いもあっアからこれはこれでよかったように思う。

 ライコウ戦やガオガエンとのバトルは力が入れられていたのに肝心のホウオウとのバトルが短くなってしまっているのは残念なところではあるなぁ。折角サトシとピカチュウが認められてホウオウに出会って仲間になる為にバトルを挑むのに負けてしまっているのが分かりきっているとはいえその様子をしっかりと描いてほしかったと感じるところではある。

 本作のオリジナルキャラも違和感なくリメイクされた今回の話に入っていたように思う。最終的に全員が離れ離れになるのはこれからのシリーズとの兼ね合いではあるとは思うけれども、TVシリーズに逆輸入してほしいとも思うかな。彼らだけ仲間外れというのもなんだかというところではあるし。

 この作品としての一番の驚きはやはり20年目にしての禁断の領域に踏む込んだ。ピカチュウだろう。基本的にサトシピカチュウの声は世界共通だからこの禁断領域は海外に行くとどうなるのか?大谷さんの声其のままで英語しゃべってもらったりするのかそれともサトシの幻聴(そういっているように聞こえた)だから変えるのか。

 20年の月日を経てようやく到達した一つのアニポケの到達点。ホウオウのことほったらかし伝説系もサトシはゲットしたりする縁がないことが多いけれども映画としていろいろとTVシリーズ無印で出来なかったことを回収したかのような感じではあったかな。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示