終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? 12話 「世界で一番幸せな女の子-CHTHOLLY-」 感想!

私にとってのすべてなんだ…。

その笑顔を見る為の物語。

 第一部完。となる物語だけに本当はもっとこの先もクトリとヴェレムの物語として続く予定があったのだろうか?打ち切りという文字が見えていた作品だけに2部は仕切り直しという部分も少なくはないのかもしれない。最初期の構想では最も別の結末が存在していたかもしれない…。

 クトリとヴェレムの物語。お互いがお互いを心のよりどころにしていたのにそれに気づくのが遅れてしまったようにも思う。もっと早くお互いがお互いの関係を進展させることが出来て入ればクトリとヴェレムの結末は別の意味を持っていたかもしれない。妖精という存在と運命・・元準勇者のヴェレムさまざまな要素を考えるとこうなる運命であったのは決められていたかもしれないけれど。

 この閉じた世界で幸せを見つけることが出来ただけでもクトリたちにとって幸せだったのではないのだろうか?ただ死にゆくだけの運命だったところに現れた一つの光臨。それを掴むことが出来ただけでも彼らの人生が変わったことの証明でありこの世界にも希望があるんだという証明になる。その証明が後世に語られることはないのかもしれないが救われた魂があることには変わらない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示