地獄少女 宵伽 1話 「見えない聞こえない」 感想!

悪言なる心臓

8年ぶりの地獄少女。

 無印が12年前になり、二籠が9年前、三鼎が8年前。もう新作を見ることは出来ないと思ってたけれどもまさか再び地獄少女がやってくる時が来ようとは。8年ぶりでも全体的な雰囲気は変わっていなくてよかった。本作は新作6話、セレクション6話構成というのがちょっと残念ではあるけれども。ディーン×アニプレも止まっていたからこうしてやってくることだけでも感謝。

 ミチルが本格的に関わってくるのはまだ先になるのか。きくりの毒舌というか自由奔放なところも変わっていなくて安心。より的確なノリツッコミも出来るようになったし伊達に8年間何もしてなかったという訳ではない!!ミチルの立ち位置によってはきくりに再び強力なライバル出現ということになるのでこの辺り四藁との絡みも含めて楽しみなところ。六人揃っているところは一種の家族だよなぁ。

 復讐バラエティというか後味悪いバライティだよなぁ。スマホに対応したけれどもあいの家のパソコンはどうなっているんだろう?流石に最新機種へと変更されている可能性が…。 現代に合わせた寄せが行われているみたいではあるので細かいところがどのように12年間の間に進化したというのを確認するのも楽しみではあるのだろうか?

 次回 「あなたしかいない」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示