ベルセルク 24話 「人間の都市」 感想!

人間はどこにいても笑える

ガッツの旅は続く

 シールケ回であった。2期としてはそれこそシールケに始まったところもあるからこそ締めもシールケになったんだろうか?これから先が映像化されるかわからないけれどもこの作品ならば時待ちさらに時を超えてアニメ化されることにはなるのだろうとは感じるところではある。シールケとソーニャの出会いは何を意味するのだろう?

 ガッツはこの先必ず鷹と再び会いまみえることになる。その前準備というか新たなきっかけの一つとしてシールケとソーニャが出会ったように感じられるところだ。それこそガッツの復讐劇がそれこそ単なる復讐劇になることはないという確信がこの2人の出会いでは?と感じるところではあるのだけれども…。 2人がこれからパーティでより大きな力を持てばよりその可能性は大きくなる。

 ガッツたちの旅はここで終わりではない。黒の剣士は初めての映像化となったけれどもまたいつか劇場版にこの剣士編がなったりするのだろうか? この先を見ることが出来ることを期待する。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示