ベルセルク 23話 「告げられし兆し」 感想!

経験者

髑髏の騎士の甲冑

 狂戦士の甲冑が髑髏の騎士の甲冑であることは独の騎士が自分自身とは別の道をガッツに歩んでほしいという思いもあるのだろう。もしかしたらガッツがゴッドハンドを打ち破る銀の弾丸になるのかもしれないわけではあるし騎士はガッツに何を見出しているのかまだ不鮮明なところはあるけれど。

 髑髏の騎士の予言というよりは経験である言葉は重く圧し掛かる。ガッツはこれを覆すことが出来るのだろうか?どちらかといえばこの経験を覆すことが出来れば何かしらの芽はあるということでもあるのだと感じるところではある。髑髏の騎士が出来なかったことをガッツがやってのけたことになるのだから。

 ガッツの行く末は現状では複数あるけれどもいつかたった一つの道しか見えなくなってきてしまうのだろうか?その時がやってきた時誰が思い描いたものが納得のいく物語になるのだろうか?

 次回 「人間の都市」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示