ID-0 10話 「縮退履歴 COMPRESSED SIN」 感想!

過去の産物と現在の産物

過去との対峙

 イドの過去との対峙。過去の清算というよりは自分が自分であることを提示した回であったと思う。また作品提示の初期から出ていた「全ての記憶-メモリー-は、Iマシンとともにある」が回収された回でもあると感じるところだ。イドはイドであって他のなにものでもない。過去の清算が主な柱ではなく今をこれからを求める要素が強かったかな。

 いろいろと提示されたものが回収されたようにも感じるところ。イドの正体から繋がるものアリスの正体・元ケインの体を使っていたアダムスの正体と今まで点と点だったものが線になったかなと思う。ケインが過去に行ってkチアことをどうしていくのか人類の未来をどのようにしていくのかは残りでやるのかな?それとも…。

 すべてを揺るがす過去が提示されただけに精算とかいろいろなものが浮いた状態になっているのもまた感じるところではあるのでその辺り収めてほしいところではあるのだけれども。

 次回 「無垢軌道」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示