Re:CREATORS-レクリエイターズ- 11話 「軒下のモンスター」 感想!

生きた証を求めて

セレジアと崇の話がこの作品の心理な気が

 ようやく颯太の過去話が展開されたわけでセツナとの話はインターバルつぃて明かすには全体の物語のタイミングとしてはここしかないということでもあるのだろうな。それこそ全体的にもバトルの後ということで落ち着いた感じのもなったし今回の話で全体的な再整理が行われたようにも感じられる。

 造りし者と作られし者の話はそれこそセレジアと崇2人の会話がこれからの捨てであって起点になっていたように感じられるところだ。この2人の会話がそのままアルタイルへの牽制というかセツナの思う心を納得させるということにも使われることになるのだろうと思うところではある。アルタイル側の描写は少ないからこそこの軸のストーリー展開はここで収まるようになっていると思う。

 今回と次回でそれこそ様々なものが整理されることによって物語は新たな方向へと動き出すことになるのだろうけれどもどのような方向に物語りを動かしていくのだろうか?

 next #12
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示