サクラダリセット 11話 「ある日の春埼さん」 感想!

春先の杞憂

オリーブアイスって

 どうして今回に番外編を入れたんだろう?作品時系列的に言えば個々に入れる余地的なものはありまいように感じるなぁ。インターバルだとしても少し違うようにも感じられるところではあるんだよね。なんだか原作の巻数順にやっている陽にそのまま移植しているような印象を抱いてしまう所ではあるのだけれども。

 ケイの風邪と美空の友達作り。美空にとって友達作りもケイのお見舞いに行くこともまるでひと山越えるかのような大仕事である。友達作りは難なく超えられそうで超えきれていないようにも見えるわけで、本当の意味で美空が友達を大木得るにはまだまだ時間と鍛錬が必要になってくるところではあるように感じられるところではある。

 ケイがこの2つの顛末を知ることになったらどのような思いを抱くことになるのだろうか?ケイがある意味で様々なことが出来てしまうからこそ美空の存在はバランスを取る存在としての部分もある。それが見えたかのような回でもあったように感じられるところではあるかな。

 次回 「ONE HAND EDEN 1/4」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示