冴えない彼女の育てかた♭ 23話(10話) 「そして竜虎は神に挑まん」 感想!

旅立つものに花束を、来るものには真心を

近いからこそ本気には成れない

 今回のラストシーンがアニメシリーズのラストになる者だとばかり思っていたんだよなぁ。それこそ「♭」の最初のビジュアルが公開された時このシーンのビジュアルだったからどこまでやるのかというのははっきりしていた部分ではあるので、少し原作とは違う展開を見せたわけで締めはシリーズらしさを残しつつアニメとして綺麗に締める形になるのかな?

 英梨々と詩羽の選択。近くに大切な人がいるからこその選択肢。寄り強くなって帰ってくることを望んだからこその選択。それこそこの選択は倫也がいたからこそ出来た選択でもあると。倫也がいなければ彼女たちがより大きく強くなることを望むことはなかった可能性の方が大きいわけで。そういう意味では倫也のプロデュース能力というものはただならぬものがあったということである。

 倫也にとっては避けねばならなかった展開ではあるのかもしれない。でもそれこそが倫也の成長に繋がる部分もある。伊織もそうして強くなったように倫也はこれからより強くなることは出来るのだろうか? 恵と共により高みを歩いていくことが出来るのだろうか?その先には何が待っているだろうか?

 next #11
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示