ベルセルク 21話 「狂戦士の甲冑」 感想!

運命まで物がどす黒く

騎士と魔女

 髑髏の騎士とフローラの第二何があっt尚かというのは物語の中核に関わる要素の一つに関わってくるだろうから流石にこの話をスピンオフすることは出来ないだろうなぁ。しかしながらいつかその時がやってくるかもしれないだけにこの2人の間に何が存在したのかというのは気になるところではある。

 ついに甲冑を身にまとうことになったガッツ。圧倒的な強さゆえに自分が自分自身でなくなってしまう。ガッツにとって完全なる諸刃の剣ではあるけれどもガッツはふきゅ州の為にこれを使い続けることになってしまうのだろうか?復習を果たせなくなるその可能性の方が大きいとしても果たす可能性に掛けるのだろうか?

 運命がどす黒く染まっていくかのように使徒とガッツと鷹の団は混在していく。これから先避けては通ることは出来ないからこそこの段階での混在は早いのかそれとも遅かったのかどちらになるのだろうか?

 次回 「炎の旅立ち」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示