映画 メッセージ 感想!

たとえ言葉が分かっても

SF版いま、会いにゆきます的な

 ということで「映画メッセージ」見に行ってきました。一部?で宇宙船が「ばかうけ」っぽいと話題になった作品ではありますが、原作は短編小説をもとにした作品ではあるんですね。地球外生命体との接触で戦わない意思疎通を交わすだけでという作品と出会ったのは久々のように感じられる(個人的に)でも戦いの準備を避けることが出来ないのが人間の性であるのは致し方ないところではあるのだろうか?

 戦いがないというのに起因するのかは分からないが基本的にゆっくりとそしてマイペースに進む作品ではあったと思う。ゆっくりとそしてじっくりと言葉をひも解いていくかのように物語を見ていく作品ではあったと感じるところではある。一つ一つひも解いて逝った先に見えるたった一つの光景はまさしく未来そのものであったと思う。

 一言でこの作品を表すとまさしく「いま、会いにゆきます」になるのだ。この作品の魅せる未来に気付かされた都市知らされた時個人的にあまたの中に浮かんだ作品がこの「いま、会いにゆきます」だった。
 さすがに最初の光景が未来の光景だったとは気付かなかったけれどもこうして一つ一つの場面を組み立てて作品にしているのは主人公たるルイーズが言語学者であったからというところもあるのだろうか?

 ヘプタポッドはタコのようにもイカのようにも思えるけれどもどちらかといえば「手」だったように感じられる。彼らが人間に対して協力を求めるためにやって来たようではあるが3000年後に一体何が彼らを襲うことになるのだろうか?それはさすがに3000年後を待つほかないのだが。

 彼らは未来を見ることが出来る。ならばルイーズにその力が一般人であった彼女に備わったのはなぜなのだろうか?文字を解析していたのは彼女だけではないわけでそれは偶然であるのか必然であるのか…。それは様々な解釈を呼びそうではあるしあって当然な部分ではあると感じる。それこそ彼女が最初に選ばれたことによって人類は3000年後の為の変革を歩み始めたとも感じ取れる。

 しかしながら人類の戦争・知的生命体との接触は確かに大きな事態であるしルイーズはそれを止めた最大の功労者であることは間違いないが未来を知ってもなお「娘」と会うことを選んだ。と言うのはより「いま、会いにゆきます」を彷彿とさせるものであったと感じるところだ。

 ゆったりと進んでいく作品であって激しさもない。けれどもッメッセージがなんであったのかというのは作品最大の肝になっているように感じられるところではあったと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示