月がきれいas the moon,so beautiful. 10話 「斜陽」 感想!

日はまた昇る

すれ違い求めあう

 文芸部ってこんなに部員居たのか。それが一番の驚きではあったりするが小太郎しかちゃんと文芸部の看板背負っていなかったというのもなんだか悲しいところではあるけれども割とこの文科系の部活D差と起こりやすいことではあるからなぁ。でもこの幽霊部員たちはそれこそ内申点稼ぎではあったのか?

 すれ違ってこその恋愛劇という感じではある。2人がどれほどまでにお互いのことをちゃんと思っていたのかそれを示したか帯にもなっているかと思う。アニメーションとしてそういった些細な心の動きや積み重ね思いの表現というのは難しいところではあると感じるところではあると思うし、それを形にして表そうとした結果がこのすれ違いとキスなんだろうと思う。

 これで茜と小太郎の間が深まったのだからそれこそ小太郎も茜の進学についていくことになるのだろうか?恋人同士で一緒の所に進学するって確かにありったらありなんだけれども上手くいくかなという思いの方が強く感じられてしまう所ではあるけれど…。

 next #11
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示