ベルセルク 20話 「クリフォトの汚濁」 感想!

薄汚れた宿命

朽ちの果てで見出したもの

 ゴッドハンドの一人スランとの対峙。でもこれで倒すことが出来ないとなるとどうやってゴッドハンドを葬り去るんだよ状態ではあるのだが、何か手段がない限り永遠に鬼ごっこが続くようなもののように感じられるところではある。ある意味ゴッドハンドを倒す=死を倒すようなものだ。

 死地の中でガッツが見出したもの。ガッツが作った仲間見出した仲間はそれこそかつての鷹の爪ともいえる。とすればグリフィスが再びこの世界で作り出した鷹の爪は仲間なのだろうか?そう考えるとガッツとグリフィスが別れた後こうして手にしたものはあまりにもかけ離れたものになってしまったと感じるところだ。

 少しづつではあるがガッツはグリフィスが目指したものを手にしつつあるように感じられるところではある。それがガッツとグリフィスの最終的な対峙の時より意味を成すことになるのだろうか?

 次回 「狂戦士の甲冑」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示