エロマンガ先生 7話 「妹と世界で一番面白い小説」 感想!

面白さはそこにある

こんなん作者冥利に尽きるだろ…。

 ムラマサが正宗と似ているのはムラマサが正宗のファンであるからなのか。ファンだからこそ自分の好きな作品を書いてほしいというのは分かるなぁ。この路線で行ってほしいこの作品の続きやこの系譜でやってほしいと。そこから少しでも外れるとう~んと思ってしまうこともある。ここは難しいところ弾だよね心情的に。

 作者の面白いと読者の面白いは違うけれども面白さってのはそれぞれのそこに存在するものではある。マサムネからのラブレターは作者冥利過ぎて何とも言えんないものになっていると感じられるところだ。こんなことを言われたら絶対原作者やってきてよかったとどんな媒介でも思うと思う。

 正々堂々というよりは愛の暴発によって大騒動になった感じはあるけれどもだからこそこの結果が待っていたのかもしれないと感じる。誰も敗北でもなくそれこそが結果なのだと感じるところだ。

 次回 「夢見る紗霧と夏花火」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示