Re:CREATORS-レクリエイターズ- 8話 「わたしにできるすべてのこと」 感想!

神々が吐き出した世界

生み出された世界に価値はあるのか?

 物語を紡ぎ出すことの意味。生み出された世界が理不尽であろう智現実世界の方が理不尽であろうともと考えると作品を生み出すことに対する意味合いを問われている気がしてくる。なんだか物語を紡ぎ出すうえで考えてならないところを考えるように刺激しているようなところもあるから考えれば考えるほどに深みにはまっていってしまいそうだ。

 真鍳と颯太の組み合わせはどう転んでも危ない方向へと転がっていくよなぁ。真鍳的に言えば颯太は情報源として活用することが出来そうだと考えた上での接触でもあるのだろうが、その先に真鍳は何を見ているのだろうか?颯太が言いなりになり続けるのは時間的に物語的に長くはないとは思うからこれは颯太にとってのトラウマ克服物語でもあるんだよな。

 アルタイルとまみか。アルタイルが救われる為にはここがポイントでもあるのだと感じるところではあったりする。曲がりなりにもまみかの言葉に耳を化すべきだった考えるべきだったという…。まみかがそのまま消失することになったら創作物がこの世界で殺されたら?という疑問への答えが出てくることにはなるけれども…?

 next  #9
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示