ベルセルク 19話 「祈りの奥義」 感想!

御業の奇跡

シールケ強すぎ。

 そういえば現状新星鷹の爪には魔法使いらしき人物がいないんだよな。そう考えるとシールケの存在がガッツたちにとって非常に強力な戦力になってくれると感じられるし使徒ばかりの鷹の爪をどうにかこうにかするにはそやっぱりシールケの力が必要であることが示されたようにも感じられるところだ。

 トロールどこの騒ぎではなくなった今回の戦いはある意味イシドロやシールケ・セルピコの為にあったというところではあったと感じる。彼らが力を魅せるために力を生かす為にこれから先どのように戦っていくのか見出すための戦いであったと感じるところ。そこから糧にしていけるのかはこれから次第ではあるのは確かであるが。

 こうしてみるとガッツたちの戦力バランスって案外いいのかもしれない。遠距離中距離近距離といろいろと出来る人材が揃っているし本当の意味で鷹の爪…グリフィスと戦うためにつなげられたパーティになっているようにも感じられる。

 次回 「クリフォトの汚濁」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示