エロマンガ先生 6話 「和泉マサムネと一千万部の宿敵」 感想!

敵は堕としてこそ意味がある

めぐみ堕ちる。

 ラノベ天下一武道会とか企画とか出版枠とかをやっているところを見るとかなりライト寄りにはしているけれども地味にバクマン。やs白箱を意識して新人さんいらっしゃ~いするための作品という側面も少なからずありそうな感じではあるんだよな。ラノベが出版アニメ化されるまでの過程を分かりやすくやって業界を盛り上げていこうと新人を確保しようとする作品そんな感じ。

 智恵によってめぐみがラノベ好きに改宗されて尚且つ紗霧によって完全に無垢なるものへと落とされた。もはやめぐみにそれを守る免疫はなくただ平坦何なりと受入れ享受していく。さらに平地を広げていく他の城壁も壊していけば完璧といってもよい。こうして拐取されたものはさらに新たなる人間たちを堕していくわけで。これから先恵が更なる落ちを期待したい。

 ライトノベル出版戦争。最大のライバルが大会に出てきたことによって本当の意味で負けられない戦いとなった。この戦いにすべてが掛かっている訳ではあるが正宗は勝てるのだろうか?

 次回 「妹と世界で一番面白い小説」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示