冴えない彼女の育てかた♭ 20話(7話) 「リベンジまみれの新企画」 感想!

その出会いに気付くまで

波乱の後の閑散期

 詩羽が顔に出会った業界関係者を映像化するだけでもそれなりに「すごいもの」が作れそうだな。業界の闇がわんさか光の当ててはいけないものまで光があたることになってきそう。blessing softwareの最初のコミケはそれぞれに大きな影響を残しすぎたわけだけれども焼き畑になった畑をうまく作り開けるものPの仕事。

 ゲーム作りは信頼関係。他者と何かを作るって事ってそういうことではある。誰をか持ち上げすぎても下げ過ぎてもいけないその後には失ってはいけない何かを失ってしまう。英梨々や詩羽への感情ポイントは取り戻すことは出来たわけだけれども、恵みへのおぽいんとは大幅減。ようやく縁の下の力持ちに気付いたところで遅すぎる…のだろうか?

 それぞれの心に大きなものを残してしまったコミケ。倫也はこれから先どう動いていくのか?それこそ1作品目を超えるものを作り上げることが出来るのだろうか?リセットではなけれども今真mでのことがあればこそ次なるステップにしていくことは出来るわけではあるが…。

 next #8
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示