サクラクエスト 7話 「煉獄の館」 感想!

思いは炎に溶けて

ロケ編完結

 ロケ編という名の真希回でもありしおり回でもあったように感じられるところではあるがこれで一つの山場が片付いたような少しだけ前に前進したことを実感することが出来るような作りにはなっていたように感じられるところではある。この撮影をきっかけに間野山自体が大きく動き出すわけではないけれども観光協会の絆は深まったかなと。

 しおりの幼いころの思い出。国王のナイスフォローによってというかこのフォローの良さが何とも由乃の良いところを凝縮したように感じられるかなと思う。2人の間にはもう一度ぐらいは大きく何かが起こりそうな予感もするけれども今回のことが2人の間を繋ぎとめることになりそうな。

 真希も後ろ向きだったものがようやく前を向くことが出来たように思う。それによっていつかまた再び役者に戻る日もありそうな感じはするところ。それはたぶん最終話以降にはなりそうだけれども。 少しづつではあるが絆が強く結ばれ始めた。それが核となる物語のアプローチになるのだろうか?

 次回 「妖精のレシピ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示