サクラダリセット 7話 「WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL 2/3」 感想!

その瞳は真を捉える

あの人はネタバレ対策されている…。

 まあいろいろとみているとあの人がアレなのかというのは分かってしまう所ではあるのだけれども、絵里編の中編この展開を見ていると3巻ラストまではもう少しだけかかることにはなるのかな?実写版では絵里の中学時代というか後輩時代は出てこなかったからビジュアルイメージが捉えにくかったけれどもアニメ化されたことによって映像化されたことによってそりゃあ違いに驚くわなと。

 絵里の能力は強くて脆い。それはまるで絵里そのものを端的に表しているようにも感じられるところだ。能力自身その人を端的に表しているところはあるんだよな。その人であるからこそその能力が誕生したといえるような印象ではある。その人行動や目的を見るとよりだからこそというのが分かる。だからこそ絵里の能力の脆さってのはそのまま本人の脆さにもなるところ。

 封じられたリセット。美空がケイののそばにいる理由そのものの喪失。そこから美空が得られるものはあるのだろうか?それではなくもう一つのそばにいる理由が見つかるのだろうか?

 次回 「WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL 3/3」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示