ベルセルク 18話 「魔群との死闘」 感想!

魔術の神秘

VSトロール

 トロールたちの行動を見ているとある程度の集団意思を持って動かされているようにも感じられる。それが巨大なる意志が絡んでいるかは不確定なところではあるのだけれども。鷹の出現にトロールが呼応したように感じられるかなと。そうしたら世界中の魔物がより活発に動き出すことになるだろうが。

 ガッツたちの旅路にとって一番地味ながらも厄介な存在として立ちはだかってくるのが人間だろうと感じる。目的を達するためにはどうしても人間たちの力を借りなければならない。よそ者に対する排除志向が強い村とかでは受け入れられてもらえることなんてないに等しい。ガッツ達がそれをkぃにしなくてもよくなる日が来るのはまだまだ遠そうだ。

 シールケはなかなかに強大な力を持っているようだ。これから先ガッツたちにとってますます欠かせない存在となってくるかもしれない。そうしたらイシドロはますますギャグ寄りのキャラクターになっていってしまうのだろうか?

 次回 「祈りの奥義」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示