終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? 7話 「ただいま帰りました-home, sweet home-」 感想!

待ち焦がれた日の光

約束を果たす時

 クトリとヴィレムの約束が果たされる時。黄泉がえりをしたようなクトリはこれからどうなっていってしまうのだろうか?何が起こるかわからない状態であるならばクトリがクトリでいられる時間もそこまでは長くはないということでもあるのだろう。クトリに対するヴィレムの取引提案はヴィレムの首を絞めてしまいそうではあるが。

 獣もこともそうだけれども妖精自身にも謎めいたことは多いよなぁ。そういった意味では何か明かされていない部分示されていない部分においてそれぞれの点が線として繋がっているところは存在しているのかもしれないが、クトリという少女が特異性を示したのはヴィレムへの思いからなのそれ以上のクトリ自身の秘密なのか?

 地上での出来事は否応なくヴィレム屋クトリを戦いへとより巻き込んでいく自体へと発展していきそうだ。クトリはその戦いを避けられたとしてもヴィレムはクトリの保安に対しることで貸しを発生させたことによって逃げられなくなりそうではあるわけで…。

 次回 「いずれその陽は落ちるとしても」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示