映画 帝一の國 感想!

知略・財力・腕力でのし上がれ

謀略と駆け引きが渦巻く生徒会選挙

 ということで「映画 帝一の國」見に行ってきました。本作はジャンプスクエアで連載されていた同名作品の実写化作品となっております。ジャンプといえばここ最近アニメ化だけではなく実写化も増えてきた印象。そいうか出版業界そのものが実写化作品を多く出してくる方向へと今はシフトしているように感じる。原作者の古屋先生の作品は過去にも実写化されておりそういった意味ではこの作品はとても実写向きの作品と言えるのではないのだろうか? 

 物語りとしては原作の要素を取り入れつつ物語としてはオリジナルの展開をしている作品になっている。生徒会選挙という約束された道を目指す為に知略と謀略と財力が蠢く生徒会選挙が描かれる作品ではあるけれども全体的にエンターテイメントに仕上がっており実写だからこそ出来たシュールなギャグも作品に花を添えるものとなっているように思う。
 ハイテンションというか生徒会選挙に絡む物語を丁寧にまとめており濃ゆいキャラクターもそれぞれの味を強く出しつつ展開される作品に仕上がっていたように感じられるところ。 この個性豊かな面々が作品の肝と呼べる部分であると思うしそれぞれの強さを尖った部分をうまく出せていたのではないのだろうかと感じるところ。

 ところどころに配置されているギャグを作品全体としてバランスよく散りばめられていると感じるところではあるし尚且つ最後まで物語の勢いを殺すことなく展開されていたように感じられるところだ。笑いが生かされる演出がなされていたと思うし、このえんしゅつは実写だからこそ成り立つものでもあるように感じられるところではある。

 主人公の帝一を含めて濃ゆい人物ばかりではあるのだけれどもそれらが食い合わずに協奏曲を繰り出していたと感じられるところではある。帝一のライバルである口臭い菊馬のキャラクターの濃さはたぶんずば抜けていたように感じられるところではある彼バイればこそある種帝一が一番輝くことが出来たようにかんじられるところではあるし、生徒会選挙がより混迷を深め面白くなったのではないのだろうか?
 個性豊かなライバルたちは帝一に勝るとも劣らない人間たちばかりではあるがやはり帝一の喜怒哀楽には叶わない部分はあるかもしれない。主役であるからこそどこかララのブレーキは掛けてしまう所かもしれないが定位いtに関して言えばその辺りのブyレーキというものは存在しなかったように感じられるところではある。帝一のキャラクターがあればこそ物語はより輝き周りのキャラクターたちもより輝いたと感じるところではある。

 帝一を含めてメインのキャラクターのほとんどが自分自身が現状居る立場が大きく変わるキャラクターばかりではあるので、立場として目まぐるしく変わり作品とはなっているが帝一視点をしっかり持っていて尚且つ帝一の目的はぶれることはないからこそ立場が目まぐるしく変わってもそれが分からなくなるということはなかった。それによってこんな風しているが実はうらぎいるんjyないかと思えるような印象を想像してしまう所もありある意味上手く罠へと追いつめられた感じはある。

 エンターテイメント作品として勢いも物語もギャグも最後まで忘れることなく最初から最後まで詰まった作品であると感じられたところではある。見やすく尚且つ親しみやすい作品に仕上がっていたと感じる作品だったと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示