サクラダリセット 5話 「ビー玉世界とキャンディーレジスト」 感想!

歪んだ世界を正すもの

未来から見たら過去篇

 ここにきて入学式の話を出してくるとは。そう考えると最初の中学生時代が最初に来た意味合いが薄れるような気もしてくるところではある。全体的な構成を考えると今回は1話完結式の話ではあるので骨休めというところも強くなっているのだとは感じるのではあるが時系列をこんなにも入れ変えなくてもよかったかなとは思う。

 佐和子の能力とは展開は欠かすことが出来ないというか今後のこの世界を見るうえでは重要なところもあると感じるところではある。視点というかこの世界を真っ直ぐ見るだけではすべては見えてこないというべきではあるのだろうか?ビーダマ世界では逆さまであるけれども中に入るとこの世界と同じ。結局視点を変えることは出来ないのかもしれないが違う世界を見ることは必要ではある。

 一つ一つの行動が全ての基点へと戻ってくる。始まりは終わりであって終わりは始まり。まるで誰かに見据えられたかのように紡ぎだされる物語は誰によって紡ぎだされているのだろうか?

 次回 「WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL 1/3」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示