ベルセルク 16話 「獣鬼の森」 感想!

生き続ける伝説

フローラの姿だけなんだか現生っぽい。

 ようやくシーケルたち魔女が本格登場。姿だけは前クールにも登場していたけれどもようやくと言った感じではある。魔女の登場によってガッツたちは何を得ることになるのだろうか?それは光となるのかそれとも闇となるのか。その答えは出ないけれどもガッツたちの行く道を照らすことだけは間違いないだろう。

 セルピコとガッツの関係性はこれから先も変わることはないだろう。殺し殺されの関係ではないけれどもゆえにお互いにお互いの最後までを見つめることにはなりそうだ。でも裏返せなこの2人の関係は別の意味合いからグリフィスとの関係性と繋がるところも少なからずつながるところはあるのかもしれない。

 イシドロに不幸が総て覆いかぶさっている気がするのは気のせいではないな。どうしてこうなったというか一人だけギャグキャラクターをやるとこうなってしまうということのいい例ではあるのかも。これからイシドロにはしっかりと不幸を背負った分報われて欲しいと思う。

 次回 「幽界-かくりよ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示