終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? 3話 「この戦いが終わったら-starry road to tomorrow-」 感想!

きっとこの場所で

帰ってくる場所に待っていてくれる人

 ヴィレムの秘密。やはりヴィレムト妖精たちは出会うべくして出会ったというかヴィレムの行為はある種後世に対する、妖精たちに対する贖罪でもあるように感じられる。妖精たちを救うこと彼女たちに対して何かしらの行為を行うこと自体が彼の心を救うことになっていると感じられるところではある。

 ヴィレムとクトリの親交。それはお互いに生きる意味を見出していくことにも繋がっているように感じられるところだ。ヴィレムは贖罪に近い行為をクトリたちに行っていくことによって今再びこの世界に生きることの意味を見出していく。歯肉湯はずだったクトリがVと出会うことによってクトリ自身が死ぬ覚悟を捨てることによって別の生きる意味を得ていく。 いつかお互いにかえすことのできない約束をするかのように儚い親交。だからこそその交流は美しく見える。

 ヴィレムが作る帰る場所。クトリが守る帰る場所を。いつかヴィレムがクトリのようにクトリがヴィレムのようにお互いの行為を変えてしまう時もやってきてそれは最後の交わりになる時もやってくるかもしれない。その時靴られた変えるべき場所は何を差し出してくれるのだろうか?

 次回 「帰らぬものと、待ち続けた者たち」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示