ベルセルク 14話 「冬の旅路」 感想!

貪られし心

ガッツが染まっていく。

 ガッツの中の復讐心が大きく変化していく。キャスカへの愛情も憎しみも変化していく。ガッツはガッツのままでいることが出来るのだろうか?それともガッツが闇において光を求めて消えていってしまうのか。ガッツが復讐を果たす為にはこの貪られていく心をどうにかしない限りはムリになるんだろうな。

 旅のご一行様ご案内。グリフィスと再会してからというものガッツがガッツでなくなっている影響からパックが一人ギャグしていても重い雰囲気を一転させることが出来ていなかったからイシドロたちの再加入はパーティの雰囲気を明るいものへと変化させてくれそうだ。それこそキャスカとガッツだけの旅路ではこの先不安ばかり大きくなっていくだけに思えるし。

 ファルネーゼとセルピコの関係性はガッツとキャスカのように歪だ。映し鏡ではないけれども似ている部分もその複雑性も写し取っているように感じられるところではある。グリフィスのいないガッツとキャスカとなのかもしれない。

 次回 「飛剣の御旗」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示