Re:CREATORS-レクリエイターズ- 3話 「平凡にして非凡なる日常」 感想!

享受を得て受肉し新たなる血を注ぐ

刹那が投身した少女の名か。

 となると姫君は一応別人ということにはなるのかな?別人というのが確定するならば軍服の姫君を作り出したのはその少女である方向の方が可能性として高いかなと感じるところ。対立路線姫君派と反姫君派もはっきりしたことによって全体の構図は完成に近づいてきているのかなと思う。

 この作品は創造者を目指すものたちへの標としての側面もあるのかなと感じるところではある。颯太が標を目指すものの立ち位置にいるわけだしこの物語を経ることによって蒼太の中で崩れ去ってしまったものが再びのろしを上げることになるのかはまだあいまいなところではあるけれども。

 創造主だからこその改変。物語として生まれなければならないという条件は付いてはいるけれどもこの行為はこれからカギの一つになってきそうなところではあるかな。 物語りとして生まれなければならないというところが肝になるのだろう徒思うけれども別の方法も出てくるのだろうか?

 next #4
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示