ベルセルク 15話 「飛剣の御旗」 感想!

切っ先に集う者たち

白銀の鷹

 グリフィスパート。ガッツ陣営は仲間が増えたと同時にグリフィス陣営も仲間が増えた。繋がりという意味ではガッツの方が強いのかもしれない。今まで手にしてきたものが逆転したかのようなグリフィスとガッツの関係はやはりどこまでいってもどこに行きついても合わせ鏡のような関係性でもあるのだろう。

 新生鷹の団が極悪レベルの力を持ち合わせていてまさに無双している感じがある。人というう人知を超えた存在が集まり一つの鷹の元に集う。それまるで準備をしているかのように何かを終えるために行動しているかのようにも感じられところではあるのだ。総てを終えるために行動を起こすグリフィスの眼の先には何が映りこんでいるのだろうか?

 運命の交錯。人間としての弱さを出すようになったガッツと人間としての弱さをしててしまったグリフィス。まるで足りないものをお互いに拾い合い、持ちすぎたものを捨てていくその姿はになるのにはお互いに遅すぎた。

 次回 「獣鬼の森」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示