ID-0 2話 「時空結節 FORMLESS MINERALS」 感想!

心がそこにある限り

やっぱり命に係わる物語になってくる?

 イドの大元の肉体が喪失しているということはリック辺りも大元の肉体を喪失していそうだな。訳アリのものたちが集うからこそ海賊行為を行なうこともできるわけではあるのだけれども。敵?というか対立してくるであろう存在も登場したことによって物語の大まかな目的地は見え始めたことにはなるのだろうか?

 イドの肉体が消失しているということよりもIマシンの存在そのものがこの肉体と精神の概念をちゃぶ台返ししている感じはあるからなぁ。生死感をわざわざ感じなくする方向に物語が作られている感じがしてくるところもあるからこのあたりはどんな意味合いでもいいから意味合いを出すことに意味を成すことになってきてほしい。イドの過去に何が起こったのかというのは重要な要素にはなってきそうだしどうイドをより主役へと踊り出す物語が展開されるのだろうか?

 オリハルトに付いていた謎の少女は一体何者なのか?さまざまなことに意味を持たせられそうな存在には見える。だが関わることによってエスカベイト社がドンドンブラックになっていくことは確かだろう。

 次回 「空漠回廊 MIGUEL LINE」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示