BanG Dream!-バンドリ!- 11話 「歌えなくなっちゃった!」 感想!

足元を見つめて雨の中を歩く

それは空を見つめ返す物語

 霞が香澄とを取り戻す為の物語だったように感じられるところ。5人でホッピンパーティであることを最大限生かす物語というかそれを表現するためのシナリオであったと感じられる。一人ではくじけてしまいそうなことも5人で一緒に居られるからくじけずに歩いていけるそれを出した物語だった。

 香澄が香澄であることの意味。道を見失ったというよりは自分らしさを失ったことによる喪失。ある種香澄とは一番遠い位置にいるオーナーだからこそ香澄をこうすることが出来たように感じられるところではある。だからこそ近い存在である4人が香澄を取り戻すことの手助けを出来たと…。

 香澄らしさを香澄らしくない。ようやく5人でポッピンパーティーになった感じではあるかな。ここから巻き返すというかSPACEでライブをすることが出来るようになるのだろうか?

 次回 「キラキラしちゃった!」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示