実写映画 3月のライオン 前編 感想!

嵐の中のライオン

実写版3月のライオン

 ということで「3月のライオン 前編」見に行ってきました.TVアニメシリーズとのメディアミックスだけではなく映画の方もちゃんと尺を用意して前後編と取ってくれるのはありがたい。物語の尺的にもそちらの方がおさまりがよいというところもあるだろうし。この作品と同様にシリーズとして物語にあった尺取りをしてくれる作品が増えていってくれれば。

 前篇はほぼTVシリーズ1期と同じ展開で開と冬司の獅子王戦までが今回の前篇で描き出されている。川本家中心の物語や零以外の面々のサブエピソードはカットされていて零中心の物語に変化している感じかな?その中でも幸田家をメインに零を取り巻く環境変化を描いているように感じられるところだ。
 又後編ではオリジナルの結末というか原作者である羽海野チカ氏が当初予定していた結末を渡してそれを映像化する(原作と同時完結的な意味合いではなくどうも原作はその先へと駒を進めることになるらしい)物語となっている。アニメの方は原作追随だからこの結末で終わるということはないだろうがいつかはこのエピソードのアニメ化もあるかもしれない。

 アニメでは川本家に行ったり零の心の傷である幸田家に行ったり将棋会館で戦ったり、島田研究会のお世話になったりとあっちこっちに零が移動して気付つけられたり傷ついたりしていたわけではあるけれども、実写版ではサブエピソ-ドが減って零の将棋中心になったように思える。その中でも川本家と幸田家を引き合いに出して零の家族に対する物語をやっているところもあるかな。零が将棋を嫌いなのにする理由を出しつつ2つの家庭がどう零という存在によって変化していくのかという。

 実写にあってアニメではないところは零の新人戦が描かれていることと、正宗の奥さんが出てきていることが一番の大きな違いになっているように感じられる。また零の幸田家における生活の様子も実写の方が詳しく描き出されているかな。どうやって幸田家の家族関係が崩壊したのかというところが・・・・。
 崇徳がどうして零にかまうのかも、こちらの方が直接的になっているか。桐山家の両親と妹の姿も出していたけれども棺の中を描写映したのは珍しい。

 川本家の幸せいっぱいの姿と幸田家のボロボロになった姿。2つを行き来する零という存在。2つの対極が描き出されることによって零の再生と家族の再生が描かれるようになっていると思う。これはそれこそ後編でよりスポットライトを浴びる物語へとなってくるわけではある。 アニメつぃて見た限りはそれこそラストとして幸田家の再生をやってENDかなと思っていたのでそれに近い物語として決着がつくことになるのだろうと思う。

 実写になって映えたのはやっぱり正宗と開のがん飛ばしあいながらすごい形相で干し柿と饅頭食べるおやつタイムだよなぁ。絵図らがなんかすごいことになっていた。こんな緊張感の厚保けれどもなんだか笑える感じがするおやつタイム見れるのはこの作品だけかもしれない。 
 それと将棋を指す音はこちらの方に軍配が上がると思う。リアルな音を効くと将棋そのものが違ったものに見る。
 獅子王戦の解説席でキレた正宗に驚いた黄色い服の女性にこっちが驚いた。

 モモ役の新津ちせさんは新海監督の娘さんということもあってか君の名は。で新海監督と神木さんが共演してこの3月のライオンで娘さんと共演して・・・となんだろうこの引きの強さは。どちらが呼んだのかどちらとも呼んだのか気になってくる。妙に監督主演間の仲の良さがあると思ったらこれも絡んでいたからなんだろうか?

 原作最初の結末・・後編ではどのような結末が待っているのだろうか?盛大なプロローグともいえるこの前篇は家族の新たな始まりを意味するようにも見える。

 次章 後篇 2017年4月22日 公開
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示