チェインクロニクル ヘクセイタスの閃 12話 「ヘクセイタスの閃」 感想!

光りを掴んだ先にて


そしてチェインクロニクル2へ

 というかちぇいん黒にくる最終回もあるんかい!ってきりやらないものだとばかり思い込んでいたわ。劇場ではそんなことはなかった訳だしまさかやるとは思っていなかった。反省会がどうなっているのか気になるところではあるがそこで過去語りもせずに一人黒く頑張っていたエイレヌスの過去語りやれるんだろうか?

 黒の王にとって今回のドラゴン戦はそれこそ一番の見せ場ではあるんだよな。尺的な印象を言うと劇場版の方が長く感じたところではあるけれども気にしすぎではあるのかな? 黒の王は最終的に自分自身を取り戻したわけだけれどもこの黒に染まった原因ってのはそれからのゲームでというところではあるんだよね。

 アラムたちがあの大陸で何を成し遂げていくのか。それはアニメでは語られていないところではあるけれどもユーリたちが光を掴んだようにアニメ世界のアラムたちもまたこれからより大きな光を掴むことになるのだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示