フレームアームズ・ガール 1話 「轟雷/スティレットとバーゼラルド」 感想!

それは小さな物語り

昔武装神姫という作品があってね。

 あれはKONAMI製ではあるがこの作品はコトブキヤが主導の作品。コプセントは似ているけれども違う作品。武装神姫が殺されたような状態になっているからある種後継として育っていってほしいところではあるのだけれどもね。でもやっぱり見れば見るほどに武装神姫に似ているけれど。

 しかしながら轟雷の送り方が地味に未来的であり正体的にこうなるのではないのだろうかというのが的確に表されているように感じるところではある。あの十字を持つカラスは確実に轟雷徒戦うことになるのだろうと実感してしまう所ではある。エサになるのか撃退して子分にするのか…。どちらにせよカラスにとってフレームアームズは好奇心がやってきたようなものだし。

 アクションシーンはやはりCG製か。でも空間で戦ってくれるというのは環境的にやさしいかもしれなな。部屋が大変なことになるわけでもないわけだし。しかしながら確実に蒼の元に大量のフレームアームズガールが流れ込んでくるみたいだからなぁ。寄合所になっていってしまうのだろうか?

 次回 「飛べないスティ子はスティ子ですか/お掃除しよう」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示