鬼平 ONIHEI 11話 「むかしの男」 感想!

我妻として

鬼平不在

 初めて鬼平不在時の火付盗賊改方が描かれたかな。しかしながら平蔵は一人で何でも解決していってしまうことが多いのに、平蔵がいないと。火付盗賊改方は総出で事件解決に乗り出すという。ある種平蔵の人間離れした力を居ないのに見せつけられたようにも感じるところではある。

 まだまだ平蔵の後継ぎとして辰蔵葉力不足だなと。ようやく現場に出てきたと思ったら圧倒的な力の前には太刀打ちできていなかったわけではあるし、これから成長してくれることを期待したいところではある。今回みたいに家族が狙われるケースがまたやってくると…これから先本当に辰蔵 のみの力で乗り越えなければならないこともあるだろうと。

 平蔵と久栄の愛の深さを知る回でもあった。お互いにすべてを受け入れたうえでの夫婦。ダメなところもよいところも受け入れているあkらこそどんなことがあったとしても其の愛は揺るがない。

 次回 「あきれた奴」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示