チェインクロニクル ヘクセイタスの閃 11話 「剣に生き、剣に斃れ」 感想!

剣が交わる時

最後の決戦へ

 あのころはブルクハルトも若かった。この頃の気持ちを黒の王との最初の決戦の時にも持ち合わせていたら違っていたんだろうか?黒化することはなかったんだろうか?いつの間にか綺麗だったころの気持ちは消え失せてしまった時からもうこうなることは運命だったのかもしれない。

 黒の王との最後の決戦へ。劇場とTVシリーズではやはり時間間隔が違うように感じるところではある。話数の区切りらしいところも明示されていないのでその辺りも含めてTVシリーズとしてみるの徒劇場版で見るのと時間的な展開が違って見えるというところだろうか?しかしながら討伐軍のメイン勢を見ると劣性での賭けだよなぁ今回の戦いは。

 割とちぇいん黒にクルを見ると部下にやさしいよね。黒の王。なんだかんだで裏返り勢が多いのはそこからきているのかもしれないし来ていないのかもしれない。

 次回 「ヘクセイタスの閃」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示