劇場版 夜は短し歩けよ乙女 感想!

夢のようなひと時をあなたに

ついに劇場にやってきた。

 地味に四畳半神話大系がノイタミナでアニメ化された時の前後にコミカライズもされていた作品ではあるのでその時ぐらいにアニメ化するのかなとひそかに思っていたらあれよあれよというまに7年の月日が経ってしまった。ということでシリーズ的に言えばようやくアニメ化(劇場版)になったという思いがある作品でもあるのだが。

 製作スタッフも「四畳半神話大系」の中心スタッフがそのままこの作品に関わる形になっておりまさにTVシリーズの「四畳半神話大系」の続編・前日談としてこの作品があることをしっかりと印象付けられている作品ではあると思う。
 「四畳半神話大系」では作品の構造を生かして話が膨らませてTVシリーズ化していたけれども本作は一夜の物語というところもあってか劇場版に。 展開的なことを考えるとこちらの方が膨らませてもTVシリーズの尺には合わないだろうし、劇場版と言うのはちょうど良い尺んみ作ることも出来て一番作品のテイストにあっていたのかもしれない。それだけに劇場版が押し出しやすい子の昨今の現状だからこそこの作品はアニメ化というところまでようやくやってくることが出来たのかもしれない。

 演出屋全体的な詰め込み放題なストーリーを考えると実にこの作品演出としては湯浅監督が関わっていたころの劇場版のクレヨンしんちゃんのノリをしているんだよな。詭弁踊りのシーンなんてまさにそのままやって来たかのような印象が自分の中にリンゴの雨のように降ってわいてきた。風のこじらせのシーンもクレヨンしんちゃんからきているような気もするところだし、偏屈王の演劇シーンも印象的に言えばヘンダ―ランドのおっかけこに近い感じ(全く持って別物であるが驚きをそこに入れたという意味では)

 先輩と乙女のダブル主役でありつつ両者をうまく映し出していると思うし、乙女や先輩以外にも夜は短しと走りこむ者たちの姿はしっかりと作品の中に入れ込むことが出来ていたように感じるところではある。
 四畳半神話大系に登場する樋口や羽貫さん・男の体に必ずいるジョニーと言った繋がりのある同じものメンバーも登場するからこそある種四畳半の前同窓会を開いているかのような印象のする作品ではあったと思う。
 あと春画をここまで押し出した作品も珍しいと思う。劇場版アニメだと初めてじゃないかと思えるくらいに春画を出してくるとは思わなかった。
 それぞれのキャラクターが個性的すぎる存在ばかりではあるからこそその個性をうまく使った展開がなされていたように思う。固定的すぎるからこそ奇抜になり過ぎてその存在が馴染まないというところがないように抑えられていたというか、それぞれが魅力がちゃんと出るようになっていたと思うところ。

 先輩が乙女を追っかけてその追っかけから乙女が転がる箸のように様々なところに縁を繋いでいって最終的に先輩のところに還ってくるというのは見事というか円が繋がれている感じがしてこれも人と人との繋がりを重視したからであろうと感じるところではある。縁を紡ぐことによって先輩のナカメ作戦以上に乙女の後ろ側から背中を押してくれる人材が溢れてきたと。

 偏屈王の演劇のシーンが演劇ではなくミュージカルになっていたのは意外なところではあった。しかしながらこの偏屈王の内容をみると城ヶ崎のあの香織さんの存在がばれているという。本人展示もなぜかされていたしあれをどう後で城ヶ崎は乗り切ったのか気になってくるところではあるんだよな。

 前半が詭弁踊りと飲み比べ大会が山場だとすると、後半は偏屈王のシーンが一番の山場になっているように感じられるところだ。偶然出会った2人が様々なことを経て結ばれる。というのを乙女と先輩に見せつけているのだから、パンツ総番長と女装趣味事務局長のキスシーンの悲鳴は割合ガチの悲鳴に近いものがあったような…。

 物語り的に言えばここから始まる物語でありそれまでの外堀を埋める物語であるのだが恋がムズばれるのかどうかというよりは2人が外堀を埋めるまでの2人で喫茶店で話し合っているのをお互いに補完し合いながら語り合っているのを見ている作品ではあるのだと思う。

 黒い先輩は他の作品に交じっても違和感なく溶け込みそうだな。四畳半神話大系を楽しめた人ならばしっかりと楽しむことが出来る作品になっていたと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示