鬼平 ONIHEI 9話 「わかれ道」 感想!

それがあればこそ

平蔵を作ったもの

 運命の分かれ道。分かる時もあればそれと分からぬ時もある。選んだ道が正しかったのか10年たっても100年たっても分からぬまま。だからこそ人は生きる道を正しくあろうとしなければならない。生きる道を見出し後悔のないように生き続けなければならない。それこそが自分を作るきっかけになる。

 平蔵が平蔵になれたのも過去の様々な出来事があってこそ過去に出会った人たちと交流があってこそでもある。平蔵が平蔵たる所以をひも解いていっても誰かが平蔵になることは出来ないわけで。相関上げると平蔵の人生もまた奇跡の成り立ちではあるのかもしれない。妾腹の子として言われたことも平蔵が平蔵たる所以なのだ。

 選択肢が少しでも違っていたら平蔵は今の平蔵になることはなくそれこそ正義が悪に悪が正義になっていたかもしれない。そう考えると平蔵が今野平蔵出会ってよかったと思ふ。

 次回 「泥鰌の和助始末」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示